女性の敵!化粧崩れを防ぐための化粧品の使い方

女性の敵!化粧崩れを防ぐための化粧品の使い方

朝鏡の前でしっかりと化粧をしたはずなのに気付いたら化粧崩れをしていた、そんな経験をしたことのある女性は大勢いると思います。

特に夏場は汗をかきやすいので会社に着くころには崩れているなんてことも。

化粧品を汗や水で落ちにくいタイプにすることも大切なのですが、メイク前のスキンケアが化粧崩れを防ぐカギだってことを知っていましたか?

まずは自分の顔を鏡でよく見てください。

顔に産毛が生えていませんか?

産毛を処理しない人もいると思いますが、その産毛が邪魔してファンデーションがピッタリ肌にくっつかないことがあります。

顔の産毛は化粧崩れの原因になるので、処理するようにしてください。

また暑いからといって汗がひかないままメイクを始めるのも厳禁。

化粧しているそばから崩れてしまいます。

化粧水は毛穴の奥まで押し込むようにパッティングし、乳液を顔全体に付けた後はティッシュで余分な水分を取り除いてください。

たったこれだけで化粧崩れ対策ができるのです。

基礎化粧品のつけ方で化粧が崩れにくくなるなんて不思議ですね。

化粧品を持ち歩かないと不安という人も多いと思います。

汗や皮脂で化粧が崩れてしまいマスカラが流れてパンダ目になったり、アイブローが落ちて眉毛がなかったりすることもありますよね。

最近はウォータプルフタイプの化粧品も多いのであまり見かけなくなりましたが、女性にとって化粧崩れは最大の悩みです。

化粧崩れを防ぐにはメイク前のスキンケアの他にベースメイクも重要になります。

化粧下地やリキッドファンデーション・パウダーファンデーションはきちんと使用することで毛穴やくすみなどを隠し肌をなめらかに見せる効果だけでなく、化粧崩れを防止する効果もあります。

しかしつけすぎてしまうと逆に化粧崩れを起こしやすくなるので注意が必要です。

ベースメイクをしっかりしているとポイントメイクも行いやすくなります。

ポイントメイクも気になるようであれば、その上から軽くフェイスパウダーをつけると安心ですよ。

これなら仕事で1日中外にいないといけないという人でも化粧崩れを気にしなくて済みますね。